Top > 最新情報 > Tシャツ徹底分析レビュー > スニーカーもTシャツも「本気ビンテージ」。RLS1001を徹底分析レビューする
  • 記事を検索

Tee break

Tシャツ徹底分析レビュー

スニーカーもTシャツも「本気ビンテージ」。RLS1001を徹底分析レビューする

2015年03月26日

tr_header.jpg

〜Tシャツは肌に一番近い服〜 だからこそ気になる事がたくさんある。
着てみなければ分からない、誰もが「気になる」部分を誰よりも詳しく徹底的にレビューするのがこのコーナー。さて今回取り上げるTシャツは…

----------

スニーカーもTシャツも本気ビンテージ
RLS1001」を徹底分析レビューする

1001_main.jpg

ファッション業界を熱くする復刻の波
ここ数年、ファッション業界を復刻の波が席巻している。2000年頃からハイブランドではアーカイブコレクションの中で特にメモリアルなアイテムを現代の感覚でリメイクした商品を発表し出した。ハイブランドが始めた復刻ブームは次第に広がりを見せ、ここ2〜3年はあらゆるブランドが復刻商品を発売している。その中で、最も復刻商品で売上を上げているのがスニーカー市場だ。市場は拡大の一途で、矢野経済研究所は、国内のスニーカー市場が13年の3028億円から、14年は3190億円になると予測している。そして、復刻商品の売上拡大が大きく寄与している。2015年、その流れは更に加速し、アディダス、ナイキ、ニューバランス、コンバース等の大手メーカーが、70年代〜90年代にかけて発売した名作スニーカーを相次いで復刻発売している。


求められている「プレミアム」感
特長としては作りの良さだ。生産国をアジア等でのライン生産ではなく、発売当初の原産国であるヨーロッパやアメリカで生産される。素材やハンドメイドにこだわった、限定生産されたプレミアム商品が多いのも特長だ。生産コストがかかるため、値段も2〜3万円とスニーカーにしては高額な商品が多く発売されている。高額商品にも関わらず売行きが良いのは、商品のストーリーや確固たる作りの良さが理由だ。メイン購買層は30〜50代。10代後半〜20代前半の頃に好んだ流行ものは、年を取ってもその人の「定番」になりやすい。また、現在10代〜20代の人も逆に新鮮に映るという理由で求められ出している。前置きが長くなったが、今回紹介するTシャツ、RLS1001は正にプレミアムの結晶のようなTシャツだ。復刻スニーカーをゲットした人には是非RLS1001もゲットして頂きたい。


10倍の手間をかけたこだわり
さて本題のRLS1001の何処がプレミアムなのか?をご紹介しよう。まず皆さんは「吊り編み機」をご存知だろうか?『吊り編み機』は1950年代〜60年代にアメリカで使われていた編み機だ。現代の機械に比べると生産性は10分の1で、1時間に1メートルくらいしか編めない。60年代後半に押し寄せた大量生産という波に飲み込まれ、そのほとんどの姿を消した。ただ、吊り編み機は糸に負担をかけずに重力による落下力だけで編むことで、空気を一緒に編み込んだような、ふっくらとした生地を生み出す。肌触りは非常に柔らかく、体に吸い付く極上の生地だ。RLS1001の生地はこの吊り編み機で作られているので着心地は抜群だ。

amiki.jpg


8812をご存知ですか?
RLS1001には、更にもう一歩製品としての深みがある。それは使われている糸だ。通称「8812」と言われる糸を使用している。「8812」と聞いてピンと来た人は相当のビンテージ好きであろう。スウェット業界の雄チャンピョンが80年代初頭に発売したコットン88%×レーヨン12%の混紡率の糸で作られたTシャツ及びスウェットの名作だ。コットンの吸水性や肌触りの良さはそのままに、レーヨンの冷感を感じることのできるアメリカらしい合理性を追求した製品だ。現在でも本物のビンテージは高値で取引されているし本家チャンピョンの復刻版も人気だ。RLS1001はこの8812の糸で作られている。特筆すべきは生地の美しさで、何とも絶妙な霜降りになっている。ビンテージ好きの人が「これこれ」と頷く仕上がり。また、ネックはバインダーネックで、ビンテージに忠実な作りとなっている。「8812」の糸で吊り編み機、、、何と贅沢なTシャツだろうか。

1001_blue.jpg

現代の製品クオリティでははかれない良さ
筆者もご多分に漏れず、復刻スニーカーを愛用している。最新のハイテクスニーカーと比べれば、長時間歩けば、足の裏がイタくなるし、ソールの減りも早い。しかし、現代の製品とは違う代え難い「味」がある。RLS1001も同じで、洗えば縮むし、引っ張れば伸びる。ボディの斜行も多少ある。だが、着込むごとに身体の形に馴染んで来て、愛着が増す。復刻スニーカーが最新ハイテクスニーカーと同じで無いのと同様に、RLS1001も独自の個性がある。本当にこだわったTシャツを探している人にはどうか手に取ってもらいたい。きっと納得できるはずだ。そして、ビンテージにこだわりのない人でも興味本位で1枚手に取ってはいかがだろうか?


各部位チェック
RLS1001の細部を徹底的に調べていこう。

首周りは?(狭←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→広)
バインダーネックで存在感がり、若干狭めのネックがビンテージの雰囲気を高めてくれる。非常に柔らかい生地なので着心地が良い。

着丈は?(短←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→長)
若干短めだが、これもビンテージ標準だ。

身幅は?(細←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→広)
近年人気のスリムTシャツとは違いRLS1001の身幅は広くも細くもない標準。安心して着られる。タイト目に来たい人はワンサイズダウンをお勧め。ワンサイズダウンでも柔らかい生地なので、着心地は良いだろう。

袖丈は?(短←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→長)
アームホールは若干広め。丈は標準。

生地は?(薄←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→厚)
5.9ozでこちらも標準的な厚さ。8812の糸に吊り編み機で編まれた生地は空気を含んだようにふわっと軽く感じる。非常に柔らかく着心地は抜群。


シワは付き易い?(付き易い←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→付きにくい)
シワは付き易い。洗濯した後はしっかりシワを伸ばして干したい。また荷物に入れる時はあまり強く詰め込まない方がいい。

洗濯堅牢度は?(悪←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→良)
洗えば縮む、伸ばせば伸びる。斜行もある。現代の製品クオリティで計れば洗濯堅牢度は低いと言える。

プリント適正は?(難←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→適)
シルクプリントの適正はコットン100%の生地に比べると悪いが、しみ込みインクを使えばこの上なくビンテージな仕上がりになる。

コストは?(安←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→高)
ボディストア価格はこちら。現在は特別価格で購入頂ける。ボディストアの中では少し高価な部類に入るが、このクオリティを考えればコストパフォーマンスは極めて高い。他では買えない値段と言って良い。

----------

RLS1001をどう使う?
どんなシチュエーションに向いているかを見てみよう。

イベントTシャツとして? ★★☆☆☆
難しい。サイズや色の展開が独特なのでイベントの内容をかなり選ぶ。色とサイズが希望通りにあって、商品にこだわりを表現したければ、最良の選択となる。

チームTシャツとしては? ★★★★☆
8812の生地は80年代当時カレッジTシャツとして人気を博したのでお勧めと言いたい。特定のコンセプトを持ったチームにはこれ以上ない選択になる。ただし一般論としては多くの人や多様性を取りまとめるような多目的ウェアとは考えないほうが良い。

プレゼントしては? ★★★★★
オススメ。このレビュー読んで、ウンチクを添えて渡せばプレミアムなプレゼントに早変わり。ビンテージ好きの人へのプレゼントにも最適。

部屋着や寝巻きとしては? ★★★★★
オススメ。最高に着心地が良い。寝間着にしてもレーヨンのおかげでドライ感がある。

運動着や作業着としては? ★★★☆☆
8812の生地は水分吸収も良く、乾きも速い。意外と使える。

オシャレな外着としては? ★★★★★
オススメ。夏はこれ一枚でいい。メランジカラーの存在感が効いている。

下着としては? ★★★☆☆
着丈が短めなのでパンツインには向いていない。柔らかい素材なので、重ね着は問題無い。

子供服としては? ★☆☆☆☆
サイズ展開がメンズSサイズからなので子供服には向かない。着るなら中高生になってからだ。

レディースとしては? ★★☆☆☆
サイズ感が合えばSサイズを使えるがお勧めはしない。

----------

バイヤーズガイド
ずばり、「この価格でこのクオリティーのネオビンテージを見た事がない。」こだわりの詰まったプレミアムな商品なのにこの値段は驚きだ。高価なネオビンテージ商品は昨今沢山製品化されているが、正直ブランド化が進み過ぎて、値段に疑問符が付く事もある。このRLS1001は高価な商品と変わらないこだわりで、今なら特別価格にて購入頂ける。


私にとってのRLS1001…
気付けば10枚所有している、、、。よくもここまで作り込んだなと感心してしている。はっきり言って万人受けはしない製品だがしっかりとトレンドを抑えている。本当にこだわったTシャツを求めている人や気軽に今のトレンドを取入れたい人にはこれ以上無いTシャツだと断言する。このTシャツに縦落ちしたセルビッジデニム。足下は復刻スニーカーで潔くビンテージを纏って欲しい。そんなRLS1001はこちらから購入できる。

body.jpg

t997.jpgRLS1001/8812 Vintage T-shirts
8812糸で吊り編み機によって編まれた至高のビンテージTシャツ(7カラー,4サイズ)

お知らせ