Top > 最新情報 > Tシャツ徹底分析レビュー > 青春を思い出せるTシャツ「083BBT」を徹底レビューする
  • 記事を検索

Tee break

Tシャツ徹底分析レビュー

青春を思い出せるTシャツ「083BBT」を徹底レビューする

2015年04月23日

tr_header.jpg

〜Tシャツは肌に一番近い服〜 だからこそ気になる事がたくさんある。
着てみなければ分からない、誰もが「気になる」部分を誰よりも詳しく徹底的にレビューするのがこのコーナー。さて今回取り上げるTシャツは…

----------

青春を思い出せるTシャツ!
083BBT」を徹底分析レビューする

083_main.jpg

高級化するイベント物販
昨今、イベント物販のキーワードとして、「高級指向」「拘り」が上げられる。特にロック系メジャーなアーティストのコンサート物販Tシャツのクオリティは、アパレルブランドと見まごうばかり。それと比例して値段も4〜5千円の物がざらにある。売行きも好調で、市場にとっても好ましい流れだ。その要因として、コンサート会場に来る人の年齢層の上昇が上げられる。30代〜40代の方が一番多く、続いて50代、20代、10代と続く。比較的収入が高い年齢層が多いのだ。 ただ高級指向だけに傾き過ぎている傾向があり、一抹の不安がよぎる。忘れては行けないことがあるのではないか?

083_con.jpg


イベント物販Tシャツ2段構え
10代の人は憧れのミュージシャンのライブへ行く為に、一生懸命バイトをして、チケット代を払うだけでいっぱいいっぱい。4〜5千円のTシャツを買う余裕は無いと言っても過言ではないだろう。そんな若者たちの事も忘れてはならない。特にバンドTシャツは、物販の中でもアイコン的なアイテムなのだ。そこでイベンターに提案したいのが、イベント物販Tシャツの2段構えだ。高級指向なTシャツと共に、2千円くらいで買えるTシャツも用意する。そのぐらいの値段なら、10代の人も手を伸ばしやすいだろう。コンサートの感動と共に、Tシャツを持ち帰ってもらえば、リピートしてもらえる確率が高まるのではなかろうか?そんな時に役に立つのが今回レビューする083BBTだ。

083_bbt_body.jpg

ロープライス、サイズ/カラー豊富
083BBTは085CVT同様「PrintStar」ブランド(モデルとしての成り立ちは、プリンタブルボディ、いわゆるイベントやスタッフT、チームTやグッズ、物販などで何かデザインをプリントする為に専用で使用されるTシャツボディとして開発された商品。)で、ボディストア内でもっともリーズナブルなプライス設定を実現したハイコストパフォーマー。

083_neck.jpg

7size/21coloを要し、幅広いニーズに応えられる。生地は4.0ozのライトウェイト天竺地。エレガントな表情とソフトなタッチ感は、一度袖を通せばやみつき確実のアイテムで現在主流のモード系のウスピタTシャツと同系にあたる。シルエットはプリンタブルTシャツの代表格085cvtに比べると若干細身でDM001に比べると余裕がある。値段が安くライトウェイト生地の割に洗濯堅牢度も高く(085CVTに比べれば若干落ちるが)、使い勝手が良いTシャツ。そして、この薄い生地とシルエットが私ににあることを思い出させる、、、(非常に個人的な話だが。)


青春を思い出すTシャツ
私が新宿のライブハウスに入り浸っていた10代の頃、そこではインディーズバンドが連夜熱いライブを繰り広げていた。彼らはオンボロのバンで日本全国を回るツアーバンドばかり。インディーズのため懐事情の寂しい彼ら。重要な収入源として、バンドTシャツがあった。オーディエンスはもちろん音楽を聞きたくてライブハウスに行く訳だが、お気に入りのバンドのTシャツをゲットするのも大きな楽しみだった。価格は1枚1500円〜2000円と安く、色々なバンドTシャツを揃える事が出来た。083BBTは当時のバンドTシャツと質感が酷似していて、触るたびに筆者に青春時代を思い出させる。ただ一つ違いがあり、当時のバンドTシャツが、1〜2回の洗濯で型くずれしたのに対し、083BBTは洗濯を重ねても型くずれが非常に少ない。

083_bandt.jpg


各部位チェック
083BBTの細部を徹底的に調べていこう。

首周りは?(狭←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→広)
ソフトなネックで着心地が良い。ネックは二本針で付けられていてしっかりしている。リブの太さは太くもなく細くもないスタンダード。

着丈は?(短←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→長)
長過ぎず、短か過ぎず、日本人体型にはフィットする。多くの人が納得出来る着丈だ。

身幅は?(細←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→広)
現在主流のモード系のウスピタTシャツよりは若干広め、かといって085CVTよりは若干細い。年齢層を選ばず安心して着られる。

袖丈は?(短←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→長)
アームホールが若干広めに取られていて、着心地が良い。二の腕が半分以上隠れる事もあるため、少し長めに感じるかもしれない。

生地は?(薄←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→厚)
4.0ozの天竺生地でエレガントな表情とソフトなタッチで心地よい。

シワは付き易い?(付き易い←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→付きにくい)
シワは付き易い。洗濯した後はしっかりシワを伸ばして干したい。また荷物に入れる時はあまり強く詰め込まない方がいい。

洗濯堅牢度は?(悪←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→良)
高い。縫製技術の進化を感じる。15年くらい前の4.0ozの生地だとすぐへたるのが当たり前だったが、083BBTは洗濯してすぐに型崩れする事は無い。

プリント適正は?(難←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→適)
「PrintStar」の由来通り、プリント適正は極めて高い。インクのりや定着性が良く、プリント現場からも評判が高い。

コストは?(安←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→高)
ボディストア価格はこちら。ボディストアの中では最安。

----------

083BBTをどう使う?
どんなシチュエーションに向いているかを見てみよう。

イベントTシャツとして? ★★★★★
オススメ。何よりも価格が安いのに品質も良い。7サイズ/24カラーと選択肢も多く、イベントTシャツにはうってつけ。

チームTシャツとしては? ★★★☆☆
在庫数も安定し、サイズ展開も多いので揃え易い。ただし運動系サークルなどには素材がドライでないため若干不向き。

プレゼントしては? ★★☆☆☆
はっきり言って、無地のままでのプレゼントはお勧めしない。ワッペンを付けるか、プリントを入れるかした方が良い。カラーが豊富なので数枚まとめてプレゼントするならいいかも。
wappen.jpg

部屋着や寝巻きとしては? ★★★★★
オススメ。4.0ozの天竺生地はなめらかで着心地が良い。また、値段も安いので、汚れても後悔する事は少ない。

運動着や作業着としては? ★★★☆☆
ドライ系の生地に比べるとコットン100%の生地は、多くの汗をかく運動や作業には向かない。水分吸収は良いが、乾きがドライ系に比べると悪い。軽度な運動や作業には最適。

オシャレな外着としては? ★★★☆☆
無地のままだとお勧めは出来ない。カッコイイプリントを入れればオシャレな外着に早変わりする。

083_print.jpg

下着としては? ★★★★★
オススメ。ライトウェイト生地が肌触りも良く、ごわつかない。

子供服としては? ★★☆☆☆
サイズ展開が150サイズからなので着るなら小学生からだ。

レディースとしては? ★★★☆☆
150サイズからなので十分着て頂ける。ただしレディースアパレルとしてはお勧めはしない。

----------

バイヤーズガイド
インディーズバンドマン、学園祭、サークルユニフォーム等、予算を余りかけないで良質の物を作りたい方には083BBTが最良の選択となる。これからイベントが増える春夏シーズン、Tシャツを作る機会も出てくるはず。そんな時に役に立つ1枚です。是非頭に入れておいて頂きたい。
083_img.jpg


私にとっての083BBT…
基本に立ち返らせてくれるTシャツだ。そして、青春時代の経験から個人的な思い入れのあるTシャツでもある。また、物販市場目線で言えば、物販Tシャツのブランド化はドンドン広がって欲しいし、2万〜3万円するようなプレミアムな物販Tシャツも是非見てみたい。かたや083BBTを使った若者に優しい値段のTシャツも決して忘れてはいけない。その若者をフォローする事によって、彼らがリピーターとなり、次世代のシーンを担っていくはずだから。そんな083BBTはこちらから購入できる。

083_bbt_body.jpg

085-CVT-003.jpg083BBT/ LIGHT WEIGHT T-SHIRTS
4.0ozの薄手ライトウェイト生地。今流行の薄めでテロっとした風合いのTシャツ。スタイリッシュなシルエット。
(21カラー,7サイズ)

お知らせ