Top > 最新情報 > Tシャツ徹底分析レビュー > スポーツの波がアパレルを席巻 暑い夏を更に盛り上げるTシャツ、300ACT
  • 記事を検索

Tee break

Tシャツ徹底分析レビュー

スポーツの波がアパレルを席巻 暑い夏を更に盛り上げるTシャツ、300ACT

2015年08月03日

tr_header.jpg

〜Tシャツは肌に一番近い服〜 だからこそ気になる事がたくさんある。
着てみなければ分からない、誰もが「気になる」部分を誰よりも詳しく徹底的にレビューするのがこのコーナー。さて今回取り上げるTシャツは…

----------
スポーツの波がアパレルを席巻 暑い夏を更に盛り上げるTシャツ、300ACT
300ACT」を徹底分析レビューする

300act.jpg

トレンドを掴め
手っ取り早くしかも正確にトレンドを理解する方法がある。書店の雑誌売場を見る事だ。「何だ、そんな事か」とお思いかもしれないが、雑誌は「今」の空気を如実に反映している。雑誌売場に行ってまず気付くのが、オシャレ系のアウトドアやランニングの雑誌が非常に多い事だ。どうやら都会的なトレンドに飽きた人々は今、自然の中での遊びやランニング等、ヘルシーなライフスタイルにシフトしている。

覚えておきたい4つの流れ
その走りとして、忘れてはいけない流れが4つある。 まずはフジロックに代表される音楽フェス文化の定着だ。1997年に始まったフジロックが始まってから今年で18年。今では数えきれないほどのフェスが一年中開催されている。主な「夏フェス」だけでも観客動員数は合計で200万人を超えるとされ、周辺の宿泊施設や飲食店、各種の小売店などへの経済波及効果も絶大だ。今月の雑誌売場では、夏フェスに着ていくべきスポーツアパレル商品の特集が目白押しだ。

fes.jpg

続いては「山ガール」。2000年代後半、はカラフルで可愛らしいアウトドアウェアで登山シーンに出現し、今までの登山のイメージに新たな風を吹き込んだ。

mountain.jpg

もう一つはランニングブームだ、代表的な例として皇居の周りをランニングする人が爆発的に増えたというのは記憶に新しいだろう。丸の内で働いている人が、出勤前や退社後に皇居の周りをランニングしていたのだ。そんな彼らの買い物先は銀座でいわゆるファッション感度も高い人々だった。自然な流れとして、ランニングウェアにファッション性を求めた。

最後にサッカー・フットサルブームだ。2002年に日韓共催のワールドカップを皮切りに、海外リーグで活躍する日本人選手の増加により、爆発的にサッカー人口が増え、日本代表やスター選手のユニフォームが爆発的に売れ、実際の競技人口も増えた。現在でもその流れは継続中である。
次点にはなるが、自転車ブームも無視できない要因になっている。

これらのブームを追い風として、大手アウトドアブランドや、スポーツウェアブランドが、時代の感性に合ったファッショナブルな製品を発売した。その最たる例が、トップブランドのデザイナーを迎え、ファッション感度の高い高級ラインを次々に発表した以下のブランドだろう。ナイキ×UNDER COVER、アディダス×ステラマッカートニー、プーマ×STAMPDなど、例を挙げると切りがないほどで、コレクションブランドの高いデザイン力と、スポーツブランドの高機能なテキスタイルが相まって、ファッショナブルなのに快適な独自のジャンルを確立し店頭では即完売アイテムがザラに出るほど支持された。これらの要因でシーン全体が底上げされ、スポーツウェアはカッコいいものと認識された。

スポーツアパレル市場の状況
さて、実際の市場を見て行こう。以下は矢野経済研究所のスポーツアパレルのレポートだ。
------------------------------
昨年2014年のスポーツアパレル国内市場は、前年比102.3%とプラス成長の見込み2014年のスポーツアパレル国内市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比102.3%の5,241億3,000万円の見込みだ。特にサッカー・フットサルウエアなどは、学生を中心としたサッカー人口増加による安定したチーム需要に加え、ワールドカップブラジル大会の開催により“特需”とも呼べるほどの売れ行きとなった日本代表をはじめとして、世界各国代表のレプリカウエア販売が好調であったことにより、前年比109.5%の392億円。アウトドアウエア市場はライフスタイルウエアとしての需要が拡大し、2014年のアウトドアウエア国内市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比106.2%の800億円。若い女性を中心とした登山のエントリー需要に2013年までほどの伸びは見られなかったものの、機能性だけでなくファッション性が高まり、日常のライフスタイルウエアとしての需要を拡大したことで高成長。2015年もプラス成長が見込まれている。
------------------------------
昨今厳しさを増すアパレル市場においてプラス成長を続ける優良な成長ジャンルである事がわかる。

300ACTのススメ
さて如何にスポーツウェア市場に勢いがあるかお話ししたが、これから紹介したいのが、コレクティブストアで新しく取扱いを始めた300ACTだ。アクティブシーンに最適な速乾ドライメッシュTシャツ。吸汗速乾、UPF20遮蔽率90%、UVカットの高機能素材。お子様から大人まで幅広く対応できる10サイズに驚異の26カラー展開で様々な好みに対応できる。素材はポリエステル100%で抜群の吸汗速乾の機能素材だ。特に今の季節に最高にお勧めだ。

neck.jpg

良く聞く「吸汗速乾」だが、どういう仕組みになっているか知らない方も多いだろう。ここでは吸汗速乾の仕組みについて説明しよう。

1.jpg

よく水を吸うのに、すぐに乾く、「それって矛盾していませんか?」と聞こえてきそうだが、実は全然矛盾していない。それは、吸汗と速乾のそれぞれの仕組みを見ればわかる。まず吸汗性だが、これを実現しているのは、毛細管現象の力だ。汗や水分を、毛細管現象を利用して吸い上げる事で、身体をさっぱりと保つことが出来る。そして、速乾の機能だが、毛細管現象で吸い上げられた水分が生地に広げられ、空気に触れる表面積を何倍にも増やす事で、蒸発を促す。下の300ACTの裏地写真を見て頂ければイメージしやすいだろう。

kiji.jpg

最近よく見かける、電気など必要としない加湿器があるが、あれは、まさに吸水速乾機能を存分に使用した商品の一つだ。トレーに貯めた水を、吸水力抜群の紙が吸い、紙全体に広がる事で、通常の蒸発力の数倍の力で部屋を加湿出来ると言う仕組だ。そんな部屋を加湿してしまう程の効果のある吸水速乾機能を洋服に携えれば、強力な効果を得られることは、お分かりいただけるだろう。下の図を見て頂きたい。綿100%のTシャツと比べた時の違いが、一目瞭然。300ACTの速乾性がおわかり頂けるだろう。

2.jpg

こんなにも高機能なTシャツが、この価格で購入できる。数枚セットで買うことも可能な価格だ。

各部位チェック
300ACTの細部を徹底的に調べていこう。

首周りは?(狭←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→広)
どちらかと言えば広いネックではないが、伸縮性のある素材が首元を優しく包む。

着丈は?(短←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→長)
長過ぎず、短か過ぎず、日本人体型にはフィットする。多くの人が納得出来る着丈だ。

身幅は?(細←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→広)
広過ぎず、細すぎずで日本人体型にはフィットする。多くの人が納得出来る身幅だ。

袖丈は?(短←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→長)
アームホールが若干広めに取られていて、着心地が良い。

生地は?(薄←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→厚)
4.4ozで薄めの生地。化繊なので透ける事はない。シャリッとしつつも肌触りが良く着心地抜群。

シワは付き易い?(付き易い←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→付きにくい)
化繊なのでほぼシワは付かない。洗濯後も速乾で、シワも付かないので便利。

洗濯堅牢度は?(悪←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→良)
極めて高い。型くずれはほぼしないと考えてよい。

プリント適正は?(難←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→適)
化繊なので、特殊なインクが必要だが、問題無くプリントできる。

コストは?(安←◯◯◯◯◯◯◯◯◯→高)
ボディストア価格こちら。こんなにも高機能なTシャツが、この値段で購入できる。数枚セットで買うことも可能な価格だ。

----------

300ACTをどう使う?
どんなシチュエーションに向いているかを見てみよう。

イベントTシャツとして? ★★★☆☆
どのイベントにも適している訳ではないが、スポーツイベント現場にはこれ以上無い選択になる。

チームTシャツとしては? ★★★★★
オススメ。一番適した使い方の一つだ。10サイズ/26カラーで幅広い好みに対応できる。

プレゼントしては? ★★★☆☆
上記の記事で書いたようにスポーツ/ドライ衣料の需要は多い。喜ばれるアイテムだ。

部屋着や寝巻きとしては? ★★★★★
オススメ。とても快適だ。化繊だが非常に柔らかいので最高の着心地。

運動着や作業着としては? ★★★★★
オススメ。ドライ生地で汗をかいても蒸れない。

オシャレな外着としては? ★★★☆☆
いわゆるオシャレ着ではないが、オシャレなスポーツアパレルだ。

下着としては? ★★★★☆
吸汗速乾で、柔らかい素材なので、適している。Uネックではないので、Yシャツには適さない。

子供服としては? ★★★☆☆
サイズ展開が120サイズからなので、着るなら小学生からだ。

レディースとしては? ★★★★★
オススメ。300ACTのレディースバージョン301ACWをご覧ください。
----------

バイヤーズガイド
夏真っ盛り、今着るべきアイテムだ。実際着てみると手放せなくなる理由がある。とにかく快適なのだ。ナイロンや、ポリエステル製品は、10年前までは肌触りが悪かったり、シルエットがオシャレじゃない物が多かったが、今ではシルクかと思うぐらい優しい肌触りの物も出ている。今回レビューした300ACTの他に、より着心地の良さを追求した118HMTもお勧めだ。スポーツアパレルは今後も市場拡大が予想されるし、様々なデザインの物が沢山出てくる。これから更に注目のカテゴリーだ。

私にとっての300ACT…
気付けば身につけている物が全てスポーツアパレル製品の事もしばしば。はっきり言って、カッコいいし、とにかく快適。30歳を越えてファッションに心地良さのプライオリティが高くなっている。そんな時に手に取りたい1枚。そんな300ACTはこちらから購入出来る。

body_300ACT_main.jpg


body_300ACT_main.jpg300ACT/ DRY T-SHIRTS
アクティブシーンに最適な速乾ドライメッシュTシャツ。吸汗速乾、UPF20遮蔽率90%、UVカットの高機能素材。(26カラー,10サイズ))

お知らせ