Top > 最新情報 > CS RECORDS > 小さな巨人〜HIP HOPの聖地で大暴れ〜
  • 記事を検索

Tee break

CS RECORDS

小さな巨人〜HIP HOPの聖地で大暴れ〜

2014年11月28日

cs_records.jpg

我が道を行く企画、CS RECORDS!
CS RECORDSは、良質な音楽や楽器の紹介を目的としたレーベルです。ですが、その実態はCS RECORDSがデザインやディスコグラフィーまでもを創造した「実在しない音楽」のマーチャンダイズをプロダクト化するレーベルです。なのでTシャツやその他グッズを実際にデビューさせちゃいます!(笑)
※CAUTION※ CS RECORDSの企画は、ストーリー、登場人物、設定、CDやコンサートなどは全てフィクションですが、Tシャツは実際に販売中で、お買い求め頂けます。
----------
史上最も売れたラッパーMC太郎

taro.jpg

MC太郎は葛飾生まれの生粋の日本人。母子家庭で幼い頃から極貧の環境で育ち、葛飾区内を点々と過ごす。ガリガリの色白で中学生になっても身長は100cmのMC太郎は、友達もできず、仲間外れにされ、いじめられた。そんな悪環境の中、自然と被差別の歴史を持つアフリカ系アメリカ人層の産み出したヒップホップに親しむようになる。

MC太郎アメリカンドリームを目指す。
20歳になったMC太郎は暗い日本の生活から抜け出すために、身長120cmの体格を活かしたある計画を遂行した。HIP HOPの本場アメリカへ渡り、ラップで世界の頂点に立つ計画だ。(もちろんお金がないので密入国で、、、)みかん箱に隠れ無事密入国を果たしたLAの地で、MC太郎を待っていたのが、日本よりも更に過酷な環境だった。宿無し金無しあるのは食うや食わずのホームレス生活。あるのは大きな夢ばかり、、、

突然のMCバトル
途方に暮れLAのスラム街をさまようMC太郎にある転機が訪れる。LAでも極悪人の巣窟と言われるスラム街。巨漢の黒人B-BOYがたむろするストリートで突如MCバトルが巻き起こる。(MCバトルとは:ラッパー同士がフリースタイル(即興)でラップをし、お互いに言葉をぶつけ合う勝負。ポイントはフローと韻、そして的確なディス(批判 侮辱)が要される。)そのMCバトルに巻き込まれたMC太郎、命の危険さえ感じるこの危機的状況で奇跡が起きる。覚醒したガリガリ色白120cmの身長の東洋人が、あれよあれよと言う間に巨漢の黒人B-BOYをラップでなぎ倒していった。見る見るうちにストリートは黒い人集りができ熱狂に包まれた。そして、一瞬の静寂が訪れ、MCバトルが終了した事を告げた。そこに立っていたのはMC太郎、大歓声と共に、一夜にしてストリートのヒーローとなった。

頂点まで一直線
ストリートMCバトルを制したMC太郎の噂はLA中に広まり、西海岸きってのギャングスタラップの名門レーベル、BAT BOY RECORDSから即アルバムのリリースが決定。アルバム名はSMALL YELLOWこのアルバムは、いきなり全世界で600万枚を超えるセールスを記録しその年のグラミー賞最優秀ラップアルバム部門を受賞。一気にスターダムにのし上がった。

そんなMC太郎が晴れて凱旋帰国。その記念としてミニアルバムをCS RECORDSよりリリース決定。更にCD発売を記念してTシャツの販売もしちゃいます!
(Tシャツはリアル販売です)
※オールドスクールなHIP HOPテイストでストリートで目立つ事間違いナシ!

20140829_mc_1.jpg

お知らせ