Top > 最新情報 > クリエイターズトーク > 田中光太郎
  • 記事を検索

CollectiveTalk

クリエイターズトーク

田中光太郎

2010年03月30日

田中光太郎

田中光太郎は日本を代表するTOP BMX RIDERとして、日本はもちろん海外でも数々の功績を残し、10年以上に渡りBMX(ストリート)シーンを最前線で引っ張り続けているカリスマRIDER。

PRO BMX RIDERとして活躍する傍ら、2010はオリジナルブランド「Motel Works」の様々な展開、アパレルブランド「forthirty(430)」の展開、BMXパフォーマー、雑誌モデル、TV、PV、舞台出演など幅広く活躍中。

そんな毎日忙しすぎる彼に最近の事、これからの事を、じっくり聞いてみた。

2009 Special Photo Sessionより転載

スペイン遠征から帰国直後ですね。
世界大会では大変ご活躍されたと聞きましたが・・・

しばらく、海外に1人だけで行ってなかったので、今回はずっと行ってみたかったスペインに行って来ました。 世界大会出場も3年ぶりで日本国内のコンテストにも出場していなかったので、ここいらで「1発かましたいなっ」という気持ちで望みました。

とは言っても、その前後の旅が遠征のメインだったんですけどね。

MadridやBarcelonaやGeronaでショーやゲリラLIVEをやりまくって、気持ち的にも凄く良い状態でコンテストに望むことが出来ましたよ。

結果も3位と好成績を残せたので大満足しています。!!

1人でいろんな場所を旅して、「見て・聞いて・感じる」事が僕の人生には凄く大事な要素なんです。

遠征の目的は?

コンテスト出場とスペインの世界チャンピオン「Viki Gomez」とBMX SHOWを行います。
彼とは去年、日本で行われた某飲料メーカーのゲリラショーケースを全国35ヶ所で一緒にやったりしていて、とっても仲が良いんです。
それと、やっぱり異国の地に足を運ぶのは、自分にとって凄く大事な事だと考えていますね。違った文化に触れること、その時感じること、その土地ならではの常識・非常識などを実際に自分の肌で感じながら、自分と向き合う事で、自分が一歩成長出来ると思っています。

『毎年一ヶ国は行ったことの無い国に行く事』これが僕の目標でもあります。
初めて海外に行ったのは23歳で、その時から毎年この目標は守っています。
現在は13カ国に訪問しました。
このペースだと60歳には40カ国を超えますね!
ちなみにBMXを持たずに飛行機に乗ったことは一度もありません。

50枚のTEEシャツ撮影を終えた率直な感想は?

実際疲れましたねー(笑) でも、いろいろなデザイン、色のTEEシャツを着れたので自分なりに新しい発見もありました。
普段着ないデザインや色もありましたから。
約1300枚位撮影したんですけど、全部ハイテンションでやりきりました。
僕は撮られる事がホントに好きみたいですね(笑)

撮影したTEEシャツで特に印象に残っているデザインは?

宮崎マンゴー(実際にTEEシャツももらっちゃいました!! ありがとうございました。)
NISSANダットサン
club asia

TEEシャツを着るとき(選ぶとき)のこだわりや選ぶ基準は?

まずはデザインですね。
その時々によって目に止まるデザインは異なりますけど。
あとは『サイズ』と『生地の質感』です。
これは自分的には、かなり重要なポイントです。

田中光太郎とBMXの出会いはいつ頃、どこでどんな風に?

正直に言うと、たまたまです。
高校一年の時にママチャリが盗まれてしまって、マウンテンバイクを買おうと思ってお金を貯めてて、、、
その後、池袋の自転車屋に行ったんですけど、カッコイイと思って偶然手に取ったものがBMXでした。
即買いっす(笑)
それから半年後くらいしてから、トリックの出来る自転車だと気がついて今に至ってます。

田中光太郎と言えば『モヒカン』ですが、モヒカンとの出会いは?

7年前に今回の撮影にもヘアメイクとして協力してもらったCHICAさんとの出会いからですね。
それまでは坊主頭とか、帽子とかヘアスタイルは本当に適当でした。
CHICAさんに出会った日に突然モヒカンにされまして・・・
そこから約7年間、CHICAさん以外の人に髪を切ってもらってないんです。
だから今回の撮影にも必要不可欠な人だったんですよ。

年を重ねても(例えば40歳、50歳になっても)モヒカンスタイルを貫きますか?

もち!!

近年、田中光太郎の活動がBMX以外の枠を超えた活動も行っていますが、最近の目立った活動や今後の予定は?

今年(2009年)はタバコメーカー『セブンスター』のモデルをやらせてもらっています。あとは、ジャンルレスな集団『WAX』をDJ BAKU・ビートボクサー太華&SharLee・オルガン奏者TUCKER・MC漢・ブレイクダンサー群青・BMX光太郎の7名で活動しています。
今はチームとしては充電期間ですが、今後はこの7名で暴れますよー。

今後の目指す方向性や目標は?

自分がどこまで行けるか? が僕のテーマなので何事にもチャレンジしてみたいですね。いろいろな活動を行っていく中で、僕の好きな物や場所(田中光太郎の価値観や考え方)などを皆に伝え、更に共感してもらえたら最高ですね。

田中光太郎の鋼のようなボディはどのにようにして作られたのですか?
何か特別な努力やトレーニング方法があるのですか?

毎日のBMXの練習の賜物ですかね。
特にトレーニングはしませんよ。
BMXに乗ることで十分に体を使ってますから。
だけど、ストレッチだけはやります。
準備体操、整理体操は本当に重要だと思いますよ。僕は10年後も20年後も気持ち良くBMXに乗っていたいから日々の練習は怠りません。

今回モデル撮影した「コレクティブストア」のようにボディやカラー、デザインの全てがユーザー個人の好みでカスタム出来るシステムについてどう思いますか?

素敵だと思います。
自分の感性次第で好きな物を作れるんですもんね。
ワクワクしますよ。
僕も作ってみたいと思いました!

ご自慢のBMXカスタムを披露して下さい。

僕のNEW PRODUCT『MOTEL WORKS』です。
まさにこだわりのBIKEです!!

最後の質問です。
田中光太郎のコレクティブアイテム(BMX以外で)は?

電化製品大好きです! そう言う事じゃなくてですかね?(笑)

あ、僕はカバンおたくです。
バックパックはかなり持ってますよ。
こだわりもハンパじゃありません。
色、形、デザイン、背負い心地、背負った時の形など等。
まさにコレクティブアイテムだと思います。

BMX RIDER & PERFORMER & MODEL
田中光太郎
日本を代表するTOP BMX RIDERとして、日本はもちろん海外でも数々の功績を残し、10年以上に渡りBMX(ストリート)シーンを最前線で引っ張り続けているカリスマRIDER。 PRO BMX RIDERとして活躍する傍ら、アパレルブランド「forthirty(430)」の展開やBMXパフォーマー、雑誌モデル、TV、PV、舞台出演など幅広く活躍中。 学生時代から、Tシャツのデザインには興味があり、アイロンプリントでオリジナルのTシャツを作っていた経験があるそう。

お知らせ